むうの鍼灸ってどんなもの?

鍼灸しんきゅうって、鍼灸とだけ言われてもどんなものかわからないですよね!

鍼灸治療は、鍼(はり)を体に刺したり、お灸で熱刺激を体に加えたりすることで、体の反応を引き出します。体の状態を良くする反応を引き出せれば、体の痛みが取れたり、元気が出たりします! その反応を引き出すために、ツボや筋肉や骨などの体の仕組みなどを学び、国家試験に合格したのが鍼灸師です♪

痛いですか?とよく聞かれます! 正直に言うと、痛みはゼロではありませんが、我慢できないほどの痛みがあることはほとんど無いと思います! 痛みなんて無い!と本当は言いたいところですが、痛みの感覚は人それぞれなので、痛みがないとは断言出来ません。 しかしちょっと考えてください。鍼灸師は人に元気になってもらう職業なので、たいていは優しくていい人がほとんどです!鍼灸を受けてくれる人にできるだけ痛みを与えないようにしようと心がけている人がほとんどです!鍼灸師をすこし多めに信用してくれたら嬉しいです♪(たまに例外もいますが、そういうハズレもあります、人間だもの) なので、鍼灸では痛みの心配はそんなにしなくても大丈夫です、安心してください♪ たまにあるかもしれない痛みに比べたら、鍼灸を受けてもらうメリットの方がとても大きいので、ぜひ鍼灸治療を受けてみてほしいなと思います♪

僕がよく説明させてもらう言葉で鍼灸を伝えると、「余裕を作る」がしっくりきます。 例えば痛みや体の動く範囲が狭くなっている状態では、一つ一つの筋肉に余裕が少ないことが多いです。 そんな筋肉には、鍼をしたりお灸をしたりすると筋肉が緩み、柔らかくなるという性質を利用して、余裕を作りたい筋肉にアプローチしたりします。一つの筋肉に余裕ができると、その筋肉に繋がる筋肉もまた余裕を作ることができるようになります! その余裕が、痛みを和らげたり、動きのなめらかさを生み出したりします♪ 体に余裕ができると、心にも余裕が出来ますね♪ 心と体は繋がっていますから♪ 鍼灸で余裕を作ることが、快適さや元気さを作り出すことに繋がっていきます♪

鍼灸に限らず、医療といわれるものは、治りたい人、良くなりたい人、元気になりたい人の手助けに過ぎません。なので任せておけばオッケーではないんですね。良くなりたい人のお手伝い程度のものです。極端な話をすれば、鍼灸に限らず、医療のほとんどが存在しなくても、日頃の生活を見つめ直して、自分にあった生活を送っていれば、健康な状態でいることが可能だと思っています。ありむらの理想とする医療は、医療が必要無いほど、すべての人が健康で過ごしている社会です。ですが、現代社会ではまだ医療が必要とされています。鍼灸が役立てる社会であると思います。健康な状態でいたいという方のお手伝いを、鍼灸で出来たらいいなーと思います♪

Leave a Reply